着物を買取依頼するデメリット

着物の買取依頼のデメリット。ちゃんと確認しておきましょう。

着物の買取依頼は便利でメリットもいっぱいですが、その反面デメリットもありますよ。ちゃんと確認して失敗のないように利用しましょう。

まずは、リサイクルショップや古着屋での買取依頼のデメリットです。

・着物の専門知識のない人が査定するので、安く買い取られる可能性がある。
・着物は大きいし重いので持ち込むのが大変。(査定額に納得いかないとき持ち帰るのも大変。)
・交渉の苦手な人は、安値で押し切られてしまう。

リサイクルショップでは、アルバイトが多いので着物の価値が分からず正しい査定をしてもらえないのが一番のデメリットです。着物は査定不可の対象になり買い取りを断られることもあります。事前の確認が必要です。

着物買取専門店での買取依頼のデメリットです。

着物買取専門店での買取依頼は3種類あります。

・出張買取
・宅配買取
・店頭買取

【出張買取のデメリット】

・出張可能エリア内でしか利用できない。
・自宅に来てもらってるので査定価格に納得できなくても断りづらい。
・見知らぬ人が自宅に上がるのが不安。

やはり気を付けなければいけないのが、悪徳業者です。その一つが「押し買い」です。無理やり安く買い取りしたり、着物以外のブランド品や貴金属を買い取りしようとする業者もいます。まずは、ネットで調べて業績のある信用できる着物買取専門店に依頼しましょう。

 

【宅配買取のデメリット】

・振り込みになるので現金を手にするまで時間がかかる。
・買取価格に納得いかずキャンセルするときは返送料が自己負担。
・着物が多い場合、梱包が大変。
・一部の着物だけ買取してもらい残りを返却ということができない。(全部買取か全部返却か二者択一)
・一点一点の査定価格や詳しい内容を聞けない。 
・梱包状態によるシワや傷の心配。

査定人や他のお客さんと会ったりする心配はありませんが、デメリットもいっぱいありますね。事前にいろいろ確認を取ってから依頼することが必要です。

【店頭買取のデメリット】

・着物を持ち込む手間がかかる。
・査定価格に納得いかず持ち帰るのも大変。
・他のお客さんと会う。
・査定価格が低くなる。

店舗がある分、店舗にかかる費用や人件費などが余分にかかるので、査定価格を上げづらいというデメリットがあります。

~着物買取デメリットのまとめ~

メリットを見て着物の買取方法を選ぶより、デメリットを見て選ぶ方が失敗がないような気がします。大事な着物を手放すのですから、嫌な思いをしないように後悔しないように、少しでも力になれたら嬉しいです。