着物を買取してもらった体験談

実家に残っていた母の遺品整理を行っていた時に、随分と年季の入った逸品を発見。

そのまま保有していても、「きっと艶やかなお召し物は私には似合わない」と感じ、手放す方法を探しました。一時は捨てようかとも思っていたのですが、そんな矢先に着物を買取依頼することができるサービスを発見しました。誰かに大切に使ってもらえるのであれば、きっと元の持ち主も喜ぶだろうと思い、早速コンタクトを取ってみることに。買取依頼はネット上で手続きが行えるようになっており、わざわざお店に出向いて査定をお願いしなければならないという煩わしさもありませんでした。

査定は専門のスタッフが行ってくれて、値がつくとは思っていなかったものが、驚きの価値を呈示されるという状況へと一転。処分するつもりで査定をお願いしたのですが、どうやら高価なものだったということを、その時に初めて知ったのでした。どうせ手放すのであれば、着物の価値がわかってくれる人に使ってもらう方が良いだろうということで、提案の内容で買取をお願いしました。自分の使わない着物はそれなりの金額でしたが、それでも二束三文だと思っていたものが、自分の想像が及ばない価値を見出したことに心が揺さぶられたのは間違いありません。

保存状態が良かったこともあって、歴史を紡いできた着物でも、価値あるものとしての評価が成されたのは嬉しく思いました。臨時収入にも感じられるくらいの買取価格の呈示は、家族みんなが驚いたほどです。もう1社にも買取の査定をお願いしようと思っていたのですが、初めに提案された金額のギャップに驚き、すぐに手放すことを決めてしまったのは仕方ありません。

それだけ価値を見出してくれたのですから、手放すことへの後悔は一切ありません。古くなったものでも着物の種類によっては眩いほどの価値を見出すものも存在するようです。素人目線ではわからないものでも、プロの目できちんと査定を行ってくれるので、提示額に納得できないということは無い印象です。